バナー
本文へジャンプ

渡辺航太 医師

プロフィール

1997(平成09)年03月  慶應義塾大学医学部卒業
2004(平成16)年04月  慶應義塾大学医学部助手

2005(平成17)年06月  博士医学(慶應義塾大学)
2005(平成17)年10月  米国ワシントン大学整形外科留学

2008(平成20)年10月  慶應義塾大学先進脊椎脊髄病治療学講師


専門

脊椎・脊髄外科、脊柱変形再建、側弯症、低侵襲脊椎手術

腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下ヘルニア摘出術
腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式除圧術



■英文論文■

1.Watanabe K, Hosoya T, Shiraishi T, Matsumoto M, Chiba K, Toyama Y. Lumbar spinous process-splitting laminectomy for lumbar canal stenosis. Technical note. J Neurosurg Spine 2005;3:405-408.


2.Watanabe K, Matsumoto M, Ikegami T, Nishiwaki Y, Tsuji T, Ishii K, Ogawa Y, Takaishi H, Nakamura M, Toyama Y, Chiba K. Reduced postoperative wound pain after lumbar spinous process-splitting laminectomy for lumbar canal stenosis: a randomized controlled study. Journal of Neurosurgery. 2010:51-58.

■邦文論文■

1.渡辺航太、細谷俊彦、白石建:
腰部脊柱管狭窄症に対する後方軟部組織を温存する術式.臨床整形外科2003;38:1401-1406.


2.渡辺航太、細谷俊彦、白石建:
腰部脊柱管狭窄症に対する後方支持組織を温存した「腰椎棘突起縦割式椎弓切除術」の成績
(術後2年経過時).日本脊髄障害医学会誌2004;17:158−159.


3.渡辺航太, 細谷俊彦, 白石建, 松本守雄, 千葉一裕
イラストレイテッド・サージェリー 手術編 腰部脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式椎弓切除術. 脊椎脊髄ジャーナル. 2005;18(11):1169-1173.


4.渡辺航太, 松本守雄, 飯塚慎吾, 戸山芳昭, 千葉一裕:
腰部脊柱管狭窄症up-to-date 実践編 診断・治療のquintessence 治療 手術療法 腰部脊柱管狭窄症に対する腰椎棘突起縦割式椎弓切除術.
脊椎脊髄ジャーナル2008;21(4):440-444.


5.渡辺航太, 千葉一裕.
透析患者さんと腰椎疾患 −腰部脊柱管狭窄症と破壊性脊椎関節症
. 腎不全を生きる.2010;42:42-49.


6.渡辺航太, 戸山芳昭, 千葉一裕, 松本守雄.
腰部脊柱管狭窄症に対する腰椎棘突起縦割式椎弓切除術の有効性. 別冊 整形外科59 運動器疾患に対する最小侵襲手術. 2011;59:103-107.


7.渡辺航太, 戸山芳昭, 千葉一裕, 松本守雄.
脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式椎弓切除術. OS NOW Instruction. 2011:17-27

8.渡辺航太, 千葉一裕.
腰部脊柱管狭窄症に対する手術戦略 腰椎棘突起縦割式椎弓切除術. 臨床整形外科 2011;46(6): 507-513.


9.渡辺航太, 細金直文, 辻崇, 石井賢, 中村雅也, 千葉一裕, 戸山芳昭, 松本守雄.
腰椎変性すべり症に対する棘突起縦割式椎弓切除術の治療成績. 東日本整形災害外科学会雑誌. 2011;23(1):9-14.


10.渡辺航太, 戸山芳昭, 千葉一裕, 松本守雄.
脊柱管狭窄症に対する棘突起縦割式椎弓切除術. In: 馬場久敏, editor. OS NOW Instruction 整形外科手術の新標準 腰椎の手術 ベーシックからアドバンストまで必須テクニック. 東京: 株式会社メジカルビュー社; 2011. p. 17-27.


Copyright © 2005 Maeda Hospital. All Rights Reserved. (www.maeda-hospital.or.jp)
●診療日・時間
診察は予約制となっております。予約は予約センターにて承っております。
診療日 時間 フロア
毎週金曜日 8:40〜11:30 3階整形外科

MaedaHospital